なべくら総合法律事務所

記事一覧

不動産問題に関するご相談はなべくら法律事務所にお任せください

不動産取引にはしばしば専門的な用語が登場します。
特に、重要事項説明における「法令に基づく制限の概要」の欄は、都市計画法や建築基準法に関する内容が含まれてくるため、なかなか法律に携わらないない方にとっては、寄り付きがたい内容であると思います。

通常、不動産は動産と比較して価値が高いものであるため、それに伴う金銭取引も大きくなってしまいます。
そのため、契約内容をよく理解しないまま契約を結んでしまうと、多額の金額を支払ったにも拘らず予想しなかったトラブルが発生する危険性もあるのです。
やはり、契約書や個々の法律に関してわからない用語等があったら、専門家に相談することが大切だといえます。
そして契約書を事前に専門家が確認を行う事で、後の不毛なトラブルを事前に防止することが見込めるのです。

一方で賃貸借に関するトラブル(賃料増減交渉・契約の更新など)は、いきなり訴訟へと持ち込むのではなく、まずは話し合いによって解決を図るケースが多くあります。

ですが、当事者だけでの話し合いは、お互いが自分の意見を主張してしまうため、円満な合意を形成することが難しいと考えられます。
そこで、公平中立であり客観的な視点を持つ弁護士等に立会いを依頼する事で、双方納得のいく案を共に考え出すことが期待されます。
また、仮に訴訟に発展した場合であっても、専門知的な見地から次に行うべき手続きや適切なアドバイスが見込めるのです。

なべくら法律事務所では、千葉県の松戸市を中心に東京都・茨城県などの周辺地域で、不動産に関するご相談を承っております。
不動産売買契約書の確認や賃貸借契約における交渉など幅広い分野に対応しているため、不動産でお困りの方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にご相談ください。