なべくら総合法律事務所

記事一覧

刑事事件

刑事事件とは、法律の適用により刑罰を受けることとなる事件をいいます。
刑罰の適用については、必ず裁判により判断され、裁判で、被告人は、弁護活動をする権利が保障されています。
そして、私人が独自の刑罰を課すことはできず、掲示裁判の起訴については、原則として国家機関たる検察官により行われます。
刑事事件の手続きは、どのように進行するのでしょうか。

まず、被害届の提出や告訴告発などにより、捜査機関が犯罪発生の可能性を認識した段階で、刑事事件の手続きが始まります。
捜査機関は事件を捜査し、事件の詳細を明らかにし、捜査が終了した段階で事件が検察庁へ送られます。
検察官は、送られた事件の捜査に不十分な点等がある場合には、追加で捜査を行い、被疑者の処罰を求め、裁判所に起訴するか否かを決定します。

また、上述の通り、被疑者には弁護活動を行う権利が保障されており、弁護士を選任する権利があります。
刑事事件は法律に基づいた専門的な手続きであり、法律の専門家たる弁護士が被疑者の弁護活動を行います。
弁護人については、被疑者が自ら選ぶことができ、資力が十分でない場合は、国選弁護人の選任を求めることもできます。

起訴された被疑者は被告人と呼ばれることとなりますが、起訴されると、裁判所で審理が行われ、有罪無罪の判決が言い渡されます。
そして、第一審の判決に不服な点がある場合は、被疑者側及び検察側共に高等裁判所へ控訴することができ、さらに不服な点がある場合は、最高裁判所へ上告することができます。

もっとも、あらゆる場合にも控訴や上告が認められるわけではなく、場合によっては棄却されることがある点には注意しなければなりません。

なべくら法律事務所は、千葉県松戸市を中心に、相続、離婚、不動産関係の問題について、主に相談を行っております。
これらの問題以外でも、様々な問題について、法律に精通した弁護士が対応いたします。
お困りの際は、是非当事務所へご相談ください。