なべくら総合法律事務所

記事一覧

交通事故

交通事故に遭遇した際、交通事故を起こしてしまったという焦りから、加害者だけでなく、被害者も、素早く問題を解決し、その場から立ち去ってしまおうとしばしば考えます。

しかし、交通事故においては、適切な対応を行わなければ、被害者が不利益を被ることがあります。
では、どのような対応を行えばよいのでしょうか。

まず、事故発生後には、後に損害賠償請求を行う際に必要となる交通事故証明書を取得するため、警察へ通報する必要があります。
その場で解決してしまおうという意思から、警察への通報を行わない当事者が多く見受けられます。
警察への通報を怠ると、後々不利益を被ることとなるため、まずは警察へ通報することが求められます。

そして、事故により怪我を負った場合は、通院することが重要です。

怪我の程度が軽症であったり、目立った外傷が見られなかったりする場合でも、後に症状が現れる可能性があるため、通院することをおすすめします。

その際、保険会社から治療の中断を求められる場合がありますが、治療を中断してしまうと、症状固定の効果が生じます。
この症状固定時に、後遺障害等級を認定することとなるため、適切なタイミングで症状固定を行わないと、適切な等級を受けることができなくなります。

さらに、当事者は、事故後示談交渉を行うこととなります。
また、交通事故後には、上述の損害賠償請求や慰謝料請求を行っていくことにもなります。
これらの請求は、法律に精通した弁護士に相談を依頼することをおすすめします。

なべくら法律事務所は、千葉県松戸市を中心に、相続、離婚、不動産関係の問題について、主に相談を行っております。
これらの問題以外でも、様々な問題について、法律に精通した弁護士が対応いたします。
お困りの際は、是非当事務所へご相談ください。