なべくら総合法律事務所

記事一覧

離婚の方法

■協議離婚
協議離婚は、夫婦の話し合いによって離婚を成立させる方法です。
同意が必要となる内容としては、離婚すること自体に対する同意と離婚条件に関しての同意があります。
離婚条件には、子どもに関わるものとして、親権者や面会交流の取り決めがあります。
そして、お金に関わるものとして、財産分与の分与割合、慰謝料の有無や金額、養育費などがあります。

以上の点について合意できたら、離婚届を作成し、市役所等に提出しましょう。

■調停離婚
調停離婚は、家庭裁判所で行われる調停を通じて離婚する方法です。
調停離婚の場合も協議離婚と同様に、夫婦の合意によって離婚を成立させます。
調停離婚は、家庭裁判所に申立てを行うことで開始します。
申立てが受理されると、第一回の期日が送付されます。
期日では夫婦が出頭し、調停委員に対して交互に話をします。

期日を何度か繰り返して、両者が離婚条件の合意に至ることができれば、調停が成立します。
この場合は、離婚届を提出すれば離婚が成立することになります。
調停が終了するまでの期間は、半年前後になることが多いです。

合意に至ることができなければ、調停不成立となります。

■裁判離婚
協議離婚・調停離婚が不成立となった場合、裁判による離婚を目指すことになります。
調停があと一歩のところで不成立になると「審判」が出されることもありますが、稀なケースと言えます。
離婚裁判では、法定離婚原因の存在の証明が求められます。
法定離婚原因に該当するのは、相手方の不貞行為や悪意の遺棄、強度で回復の見込みのない精神病、その他の「婚姻を継続し難い重大な事由」が認められる場合です。
「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する例としては、家庭内暴力などがあります。

離婚裁判を申立てるにあたっては、法定離婚原因やその他の立証すべき事柄を整理し、記録などの証拠を集めておきましょう。

なべくら法律事務所では、千葉県松戸市を中心に、千葉県、東京都、茨城県南部のお客様からご相談をいただいております。
相続税対策や遺言書作成など相続にかかわる法律問題、慰謝料請求や親権争いなどの離婚問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。
初回相談は30分無料で行っております。