なべくら総合法律事務所

記事一覧

離婚問題に関するご相談はなべくら法律事務所にお任せください

■直接的なやり取りを回避できる
離婚に向けての準備では、相手方と直接的なやりとりが苦痛になってしまうことがあります。
また、感情的になってしまい、冷静な話し合いが難しくなることも考えられます。
そのような面で、離婚問題を弁護士に相談・依頼することが有効な手段となります。

■訴訟代理人としての能力
弁護士は、裁判になった際の訴訟代理権をもっています。
司法書士には、簡易裁判所における訴額140万円以下の場合につき訴訟代理権が認められていますが(司法書士法3条1項)、それ以上の金額の場合は認められていません。
訴訟代理は、裁判を考えるようになってから依頼することもできます。
しかし、それまでの経緯を知っている弁護士に依頼することができれば、より安心して裁判に臨むことができるでしょう。

■豊富な知識と経験
離婚手続きをより良い条件で終えるためには、離婚に関わる法律知識や経験が重要な要素となります。
弁護士は知識・経験が豊富であり、離婚相談の相手としては最適の存在と言えます。

なべくら法律事務所では、千葉県松戸市を中心に、千葉県、東京都、茨城県南部のお客様からご相談をいただいております。
相続税対策や遺言書作成など相続にかかわる法律問題、慰謝料請求や親権争いなどの離婚問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。
初回相談は30分無料で行っております。