なべくら総合法律事務所

記事一覧

離婚とは

■離婚とは?
離婚とは、婚姻関係の解消を指します。
裁判によらずに離婚する場合は、①離婚についての合意、②離婚に関わる諸条件の決定が必要になります。
離婚の条件として重要になるのが、親権や面会交流権などの子どもの問題、そして、財産分与や慰謝料、養育費などのお金の問題です。

■離婚と子ども
・親権
親権とは、子どもの世話や財産管理を行う権利でもあり、同時に義務でもあります。
子供の世話や教育を行う権利・義務のことを、「身上監護権」(民法820条)と言います。
また、財産管理を代理する権利義務のことを、「財産管理権」(824条本文)と言います。

身上監護権に含まれる具体的な権利には、居住する場所の指定権や子どもをしつける権利(懲戒権)、職業の許可権などがあります。

財産管理権には、子の財産の管理にかかわる行為の代理権です。ただし、親権者と子の利益が相反する行為については、代理することができません(利益相反行為、826条1項)。

・面会交流権
面会交流とは、離婚により子と離れて暮らすようになった親が、子どもと定期的に面会することを言います。
離婚にあたっては、面会交流の頻度などの取り決めも必要になります。

■離婚とお金
・財産分与
財産分与とは、夫婦の共有財産の分割のことを言います。
夫婦が婚姻中に協力いて築いた財産については、2分の1ずつに分割するのが原則となっています。
この原則は、夫婦の一方のみが外で働き、収入を得ていた場合にも適用されます。

・慰謝料
慰謝料は、離婚原因となった不法行為による精神的苦痛に対して請求する損害賠償金です。
不貞行為や家庭内暴力、悪意の遺棄などがあった場合は、そうした事情が慰謝料の請求原因となります。

・養育費
養育費は、子が自立するまでにかかる教育費用です。
親は養育費の負担義務を負っているため、別居している親は定期的に養育費を支払うことが多いです。
また、夫婦の収入や子の年齢などに応じて、相場が変わってきます。
裁判所ホームページにも掲載されている「養育費算定表」を参考にするとよいでしょう。

なべくら法律事務所では、千葉県松戸市を中心に、千葉県、東京都、茨城県南部のお客様からご相談をいただいております。
相続税対策や遺言書作成など相続にかかわる法律問題、慰謝料請求や親権争いなどの離婚問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。
初回相談は30分無料で行っております。