なべくら総合法律事務所

記事一覧

借金問題

借金があり返済の日々に追われている方は、債務整理を行うことによって、借金が減額したり支払い自体がなくなることが見込めます。
債務整理は、「任意整理」・「個人再生」・「自己破産」の3つに分けられ、それぞれで減額する金額や方法などが異なります。

「任意整理」とは業者と直接交渉を行い将来利息や遅延損害金などを無くしてもらう方法です。
任意整理は裁判所を介さずに行うため、債務整理の中でも比較的手続きが簡単であると言われています。
ただ、債務者自身で業者と交渉を行ったとしても、相手方が条件に応じてくれない時があるため、任意整理を行う際には、弁護士等に代理の依頼を行うケースが多いです。

「個人再生」とはhttps://unit93.mediamaker-9.com/wp-admin/edit.php、裁判所を介し、債務の一部を法律に基づいた基準により免除してもらい、残りの債務を3年から5年の分割払いによって返済する手続きの事をいいます。債務の圧縮額は借金の金額によって左右されますが、多くの方は5分の1程度にまで減額します。
そして、この個人再生では「住宅資金特別条項を定める個人再生手続」とよばれる制度も存在します。
この制度を利用することで、住宅ローンを支払い続けながら同時に借金を返済することが可能となるのです。

「自己破産」とは、裁判所を介しすべての債務を免責してもらう手続きの事をいいます。
もっとも、税金や養育費の債権は免責されずに破産後も支払う必要があるため注意が必要となります。この自己破産を利用する際には、保有している資産をすべて債権者のために清算しなければなりません。
そして、自己破産には「免責不許可事由」が存在します。
これは借金の原因が、ギャンブルやFX・遊興費である場合には、免責が認められないケースがあるということです。
ただ、実際に免責不許可事由に該当していたとしても、裁判所は諸事情を考慮し免責許可決定を出す場合もあるので、お悩みの方は一度ご相談ください。

これらすべての債務整理に共通するデメリットは、信用情報機関に登録されてしまうことです。
いわゆる「ブラックリスト」に情報が載ってしまいます。
利用する債務整理によって記載される期間は異なりますが、登録されている間は新たに借入れを行ったり、クレジットカードを作成することが出来なくなるため注意が必要です。

なべくら法律事務所では、千葉県の松戸市を中心に、東京都・茨城県などの周辺地域で借金問題に関するご相談を承っております。 借金でお困りの方や、債務整理を希望する方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にご相談ください。