なべくら総合法律事務所

記事一覧

相続に関するご相談はなべくら法律事務所にお任せください

■法律知識と経験
相続の手続きを円滑に的確に行うには、法律知識や経験が必要になります。
例えば、相続税の節約をしようと考えた時には、利用できる特別控除の制度を知っているか知らないかという差が、大きな額の違いにつながります。
経験豊富な弁護士に相続について相談することで、専門家の正確な知識を得て、無駄がなく円滑な手続きを行うことができるのです。

■訴訟代理人としての役割
法務の専門家は、司法書士・税理士・行政書士・弁理士など様々です。
しかし、弁護士は他の専門家にはない権利を持っています。
それは、取り扱う財産額に関わらず、裁判で訴訟代理人を務める権利です。

弁護士は、後々のトラブルを生まないような助言を行うことができます。
そして、万が一トラブルになり、裁判になってしまった場合でも、訴訟代理人としてサポートすることができます。

■第三者としての役割
弁護士が相談に乗ることで、親族だけで話し合っていては持つことのできないような、客観的な視点を取り入れることができます。
これは、第三者を相続の話し合いに入れることのメリットということができるでしょう。

なべくら法律事務所では、千葉県松戸市を中心に、千葉県、東京都、茨城県南部のお客様からご相談をいただいております。
相続税対策や遺言書作成など相続にかかわる法律問題、慰謝料請求や親権争いなどの離婚問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。
初回相談は30分無料で行っております。