なべくら総合法律事務所

取扱業務

取扱業務

相続問題

親族間の相続争いは、長年にわたる感情的な確執や人間関係がからんでいるため、専門家による解決が特に必要な分野といえます。また、遺留分についての時効成立や相続人の増加などが起こりうるため、早期のご相談が重要となります。

●遺産相続で他の親族と争いがある場合
まずは、遺言の有無、親族関係などの現状を詳細にお聞きします。必要に応じて、弁護士において、戸籍の取得や不動産の評価などを行います。その後、任意での話し合いや、家庭裁判所での調停手続により、分割方法を協議します。調停でも合意ができない場合には、 審判手続により最終的な解決を図ります。

●遺留分の侵害について
配偶者や親が亡くなって、ほとんどの遺産を他の親族が相続したような場合、遺留分について権利を主張できる場合があります。この場合、遺留分侵害を知ってから1年以内に遺留分の減殺請求を行う必要がありますので、できるだけ早く専門家にご相談ください。

●遺言を作成したいとき
遺言には、自筆で作成する場合や公正証書で作成する場合等がありますが、それぞれ有効な遺言とみなされるための条件が法律で定められています。親族間の紛争を避けるためには、遺言の内容を十分に検討した上で、公正証書で作成することが望ましいといえます。具体的な手続きについては詳しくご説明いたしますので、遺言作成を検討される場合にはまずはご相談ください。

離婚問題

離婚の際には、財産分与、慰謝料、子の親権、養育費、年金分割など、夫婦関係を解消するにあたって決めるべきことが多くあります。しかし、配偶者との関係が悪化しているときに、自分で全ての交渉を行うことは非常に困難です。また、仮にいったん合意をしても、その後に、約束が守られない場合もよくあるのです。

弁護士が財産分与の内容、慰謝料、親権や養育費についての交渉を行います。任意での交渉で合意が成立しない場合には、調停や訴訟を代理して行い、正当な要求が認められるように全力を尽くします。また、最終的に取り決めを行う際には、後にトラブルになることがないよう、法的拘束力がある形式で明確に書面化致します。

不動産問題

不動産を所有するオーナー様からのさまざまなご相談を承っております。不動産に関する豊富な実績を活かしスムーズな問題解決のお手伝いをします。

●賃料不払いのトラブル
賃貸物件について、賃料支払いが滞っている場合は、弁護士による督促、契約解除や明け渡しを請求することができる場合があります。当法律事務所では、督促、明け渡しの交渉、明渡請求訴訟、強制執行などに対応しております。

●敷金返還・原状回復のトラブル
敷金返還や原状回復のトラブル解決には、不動産の法的な知識と経験が不可欠です。まずはご相談いただくことが解決への近道です。

●売買に関するトラブル
「購入した物件に瑕疵があった」「不動産売買仲介手数料に関するトラブル」「売買契約書のチェック」など不動産売買に関する問題をサポートいたします。

●不動産相続に関するトラブル
遺産分割や共有物件に関する運用方法や売買についてのトラブル解決や協議等の仲介をいたします。

また、賃借している物件から不当に立ち退きをせまられている賃借人の方からのご依頼で、訴訟・交渉の代理を行い、賃借人の正当な利益が守られるよう対応いたします。

刑事問題

身内が逮捕・勾留された方は正確な知識が大切となります。いつまで身柄が拘束されるのか、どのようにすれば早期に釈放されるのかなど不安な点が多くあると思います。弁護士が丁寧にフォローします。

警察に逮捕・勾留されてから、最大23日間以内に検察官による処分が決まります。この処分で、不起訴や、略式起訴による罰金刑が科された場合には、釈放されることになります。しかし、公判請求という処分が出た場合には、裁判が行われますので、勾留が続くことになります。もっとも、裁判所に対して保釈の請求を行い、認められた場合には、自宅に戻ることができます。

勾留されている方との面会は、時間制限がある上に、警察官が立ち会いのもとに行われます。したがって、事件に関しての話を行うことはできません。また、接見禁止命令が出ている場合には、面会自体を行うことができません。しかし弁護士は時間制限なく勾留されている方との面会が可能ですので、ご依頼いただければ、正当な範囲で生活・仕事・事件対応等に関する連絡を行うことができます。

刑事事件の被害者になった方は、警察に対する告訴・被害届の提出などを行うことができます。当法律事務所では、告訴・被害届の作成・提出の代理を行っております。また、加害者への損害賠償請求、被害者参加制度の利用などを行うことができる場合もありますので、具体的な事件内容などについて弁護士にご説明ください。

借金問題

借金の返済に追われている方は、毎月の返済が大きなストレスになり、心身に不調をきたす方も少なくありません。日々の資金繰りに悩む生活がいつまで続くのか、思い悩まれている方は多いと思います。しかし、借金のお悩みは解決が可能です。現在の状況やご希望に応じて方法がありますので、弁護士に現状をお話しください。

●借金問題の解決方法① 任意整理
現在の債務総額を弁護士が再計算致します。以前は、多くの貸金業者が法定金利以上の利息を設定していましたので、借入が長年にわたる場合は「過払金」が発生している可能性があり、現在の債務と相殺することが可能です。
それでも債務が残る場合には、将来の利息は付けずに元金を3~5年程度の分割払いで支払う内容の和解を行います。

●借金問題の解決方法② 破産
任意整理による返済が困難な場合には、破産を検討する必要があります。破産の大きなメリットは、免責されれば今後借金の返済を行う必要がなくなることです。ただし、不動産などの財産がある場合には、処分する必要があります。

●借金問題の解決方法③ 個人再生
個人再生は、返済額の減少が見込まれること、持家を処分しなくてもすむ場合があることなどのメリットがありますが個人再生が可能かどうか判断する必要があります。